びだくん

ふと思い立ってブログを始めます。ブログのジャンルとしては雑記ブログとなります。

鬼監督・鬼コーチの指揮下で在宅勤務中のオヤジ飯

ゴールデンウィーク期間中、人や車の数が非常に少なく、観光地である私の住む街は他府県ナンバーの車の数もほぼ見かけませんでした。

ゴールデンウィークが明けた7日、ウォーキングに出ると、街の雰囲気がガラッと変わりました。『街が動き出した』というのを感じました。街が目を覚ました、という感じ。不思議な感覚でしたが、確実に違う雰囲気でした。

 

私は大阪の会社に勤めていますが、会社から『大阪府の緊急事態宣言解除に関係なく、国の緊急事態宣言の解除があるまでは在宅勤務とする』旨の通達がありました。

ですのでオヤジ飯はもう少し続きます。

 

11色から選べる♪コンパクトで可愛いコンロ[HOWARO]

 

 

 

豚スタミナ丼

レシピ通りに材料を揃え、いざ調理という時にレシピを見ると、細かなところが書いていません。その細かいところというのが鬼監督(嫁)と鬼コーチ(娘)のツッコミが入るところ。

豚スタミナ丼を作る際も、白ネギ1本を切る、と書いていましたが切る前に洗う

とは書いていませんでした。当然、料理を全くしたことがない私は、洗わず切ろうとしました。

すると

鬼監督『えー!!洗わなあかんで。』

鬼コーチ『えっ?嘘やろ?』

と早速のツッコミが。

鬼監督『切ったあともザルに移してサッと洗わなあかんで』

と。

料理初心者に対して厳しい言葉が。

いろいろ文句を言われながらアドバイスをもらいながら、なんとか完成。

レシピ通りに作ったにしてはあまり美味しくなかった。

料理の味に対して厳しいのは鬼コーチ。

『汁が多すぎる』

『味が薄い。めんつゆの味が勝ちすぎてる』

等々。

味噌汁も作ったんですが鬼監督のお口には合わなかったようで

『しょっぱすぎる』

と言って飲んでくれませんでした。

次は違うレシピで作ろう、と決意。

 

ハヤシライス

市販のルーを買って作りました。

商品名は『こくまろハヤシ』。

ルーの他は牛肉と玉ねぎのみ、というシンプルな物。

鬼監督は『人参とかいろいろ入れた方が美味しいのに・・・・』と。

これは鬼コーチのこだわりが強く、人参は入れない方向で。

『こくまろハヤシ』の箱に作り方が書いてあるのですが、ここでも細かいところがわからない。

①鍋にサラダ油を大さじ2入れる

  これはわかる。

②玉ねぎを全体がすき通ってしんなりするまでよく炒め

  これもわかりやすい。

③3〜4cm幅に切った牛肉を加えて炒める。

  うんうん、玉ねぎがジャマやけど、炒めたらいいねんな。

④水を入れ、煮込む

  ん?水を入れるのは牛肉がどうなったら入れるん?

  しっかり炒めるなら相当な時間がかかるんやけど。

  玉ねぎが邪魔してなかなか炒まらん!!

 

「牛肉がどうなったら水を入れるんやろ?」

と呟いたら鬼監督が

「適当でいいで。どうせ煮込むんやから」

『えっ?適当?鬼監督の口からそんな言葉がでてくるとは』

と思いながら、鬼監督のアドバイスどおり、適当に水を加える。

 

後はアクを取りながら煮込み、ルーを加えてさらに煮込むだけ。

出来上がったら、

『パパにしたら上出来やん』と鬼コーチ。

珍しいこともあるもんだ、と喜んでいると、

『でもとろみがないわ』

『玉ねぎの切り方が悪い』

などと、これまた手厳しい言葉が。

鬼監督は終始無言。

 

タラフライ

ホントはカレイのフライを食べたかったが、値段が高いという理由で却下されてしまったので、それよりは安いタラでフライをすることに。

レシピに”タラに塩をふる”という工程がありました。

塩の分量は書いていましたが、その分量で塩をふってみるとどうも頼りない量。

『どうせ後でこの塩は洗い流すんやろ』と勝手に4倍足して塩をふりましたが、どうやら洗い流すことはないようで(そもそも水気を出すために塩をふるのに、洗い流すなんてもってのほかの行為)慌ててキッチンペーパーで拭き取る。

 

タラフライは結構うまくできた。(と思う)

鬼コーチは若いだけあって少々塩がきいていても『美味しい』と言って『パパにしては食べれるな』と言って食べてくれました。

鬼監督はやはり塩気が強かったようです。

 

おわりに

まだ在宅勤務が続きますので、いろんな料理に挑戦しようと思います。

どうしてもレシピ通り作ると味が濃いようなので、調味料を調節しながら作れるようになりたいです。

【とくモニ!】 無料会員登録(MB)