びだくん

ふと思い立ってブログを始めます。ブログのジャンルとしては雑記ブログとなります。

スーパーに漂うお兄さん達

我が家では買い物担当は私です。

いつも買い物には私が行っているんです。

 

 

新型コロナウイルスが蔓延し、緊急事態宣言が何度も出され、スーパーの客層に変化があるように思います。

それは、私より年上のお兄さん方が、奥さんの後を付いて買い物をしているのです。

 

コロナ前にもそういうお兄さん方はいらっしゃいました。

しかし、緊急事態宣言が続くごとに増えているように思います。

 

なぜそう思うのかといいますと、私が買い物をしていてそのお兄さん方が『邪魔』で、少しイラッとすることがあるからです。

そのお兄さん方の特徴は、と言いますと、

・奥さんから少し離れて、奥さんの姿が見える通路の真ん中で、手持ち無沙汰で漂う。

・奥さんの押すカートの横に立ち、一緒に移動するが、前から人が来ても譲らない。

・自分(お兄さん方)が買ってほしい物の前で突っ立っている。(買ってほしいけど買ってもらえないのが分かっているから、なかなか言い出せず、逡巡している)

です。

 

通常バナー

 

私もお兄さん方の気持ち・行動が分からんでもないので、多少は理解しますが、それでも邪魔度合いが半端ない。奥さんも少しイヤイヤな感を出しているので、そんなお兄さん方を見ると、いたたまれなくなります。

 

強烈だったのは、『奥さん>お兄さん』の夫婦。

カートを押すのは奥さんでした。お兄さんが自分が買って欲しいお菓子を持ってきてカートに入れた途端、奥さんはキレまくる。

「あんた!そんなもんばっかり食べてるから太るんや」

「いらんもんばっかり持ってくんな!」

「ほんまに役に立たんやつやで」

と、聞くに堪えない罵声を浴びせられるお兄さん。

さぞや怒りに堪えている顔をしているだろう、と顔を見て見ると、奥さんに罵声を浴びせられているときは神妙な顔をしていましたが、商品を返しに行く時に奥さんの視界から外れた瞬間、ニヤけていました。

『あぁ、そういう夫婦関係なんや。お兄さんも楽しんでるんかも』

となんとなく納得しました。

 

 

今も京都は緊急事態宣言発出中。

買い物は最少人数でお願いしたいものです。