びだくん

ふと思い立ってブログを始めます。ブログのジャンルとしては雑記ブログとなります。

夏になると思い出す言葉 それは『レーコー』

今年は梅雨が長く、雨続きでうんざりしていたら、豪雨災害が各地で起こり、なんだか考えさせられる梅雨でした。

その梅雨が開けた途端、猛暑を通り越して”酷暑”という言葉が相応しい、暑い日が続いています。

 

そんな暑い夏になると思い出す物(言葉)があります。

それは『レーコー』。『レーコー』とは『アイスコーヒー』の事です。

もう、この言葉を使わなくなって30年は経ったでしょうか。

 

私が小学生だった頃、私の両親は日曜日になるたびに、朝イチで喫茶店へ連れて行ってくれました。目的はモーニングセットを食べるためです。

私が『レーコー』というものに初めて出会ったのはその喫茶店です。

両親が『レーコーモーニング』と言った時に私は喫茶店のオーナーの女性が『れいこ』という名前なんだと勘違いしました。

その日の帰り、両親に『喫茶店のお姉さん、”れいこ”って名前なん?』って聞いた覚えがあります。両親は笑って「レーコーは冷たいコーヒーのことや」と教えてくれました。

 

小学生の時はコーヒーなんて飲めませんでしたから、もっぱらジュースとトーストで朝食をとっていました。

高校生になって、友人と喫茶店に出入りするようになると、早速『レーコー』を使ってみました。

「レーコー1つ」ってな具合で。

その時はちょっと大人になったような気分になったもんです。

 

20歳を過ぎると、喫茶店内に『愛す、コーヒー』というキャッチフレーズの書かれたポスターが目立つようになり、その数年後には『レーコー』という言葉は私の周りから完全に消えてしまいました。『アイスコーヒー』に取って代わられた、という感じです。

 

レスカ(レモンスカッシュ)やオスカ(オレンジスカッシュ)という言葉も聞かなくなりましたね。

というか喫茶店(純喫茶)自体、数が少なくなりました。

また、コーヒーを飲むだけなら、大手ハンバーガーチェーンのコーヒーの方が安いし、気軽に利用できます。

 

私がよく喫茶店を利用していた頃は、ランチを目当てに行っていたような気がします。その時に、食後の飲み物は?と店員さんに聞かれて「レーコーでお願いします」と。

もうそれが普通の感じだったんですが、『レーコー』から『アイスコーヒー』への遷移期間になると、喫茶店のアルバイトの女子高生に『レーコー』と注文してもキョトンとした顔になる、という状況が度々あり、私は『レーコー』という言葉に愛着があったもんですから、意地になって『レーコー』を使い続けていましたが、世の中の『アイスコーヒー』の流れには勝てず、今では自然に『アイスコーヒー』と言っています。

 

娘に聞いてみました。

(レーコーは通じないだろうと思って)レスカって知ってる?と。

答えはもちろん、「何それ?」でした。

レーコー・レスカ・オスカって、関西だけだったんだろうか?

どのくらいの年代まで通じるのか?

『レーコー』という言葉を思い出す夏場に、いつも疑問に思っています。