びだくん

ふと思い立ってブログを始めます。ブログのジャンルとしては雑記ブログとなります。

食中毒で苦しい一夜を過ごした話

それは私がプログラマーをしていた頃のこと。

4月から1年間の契約で、月曜日の朝イチの松山行きの飛行機に乗り、1週間仕事して金曜日の最終便の飛行機で大阪に帰ってくる、という生活をしていました。

同行者は親会社の部長と課長。いつも優しくしてくれる、キャラの立った二人が一緒でした。

プログラマーの前職が自動車整備士だったので、仕事の形態が全然違うので、体が慣れていない事もあり、体のダルさが増していた時の事。

(自動車整備士はその日の仕事はその日のうちに終える、もしくは数日間でやりきる。プログラマーは仕事のスパンが長くて、結果が出るまでの日数が全く違いました。)

 

大阪〜松山の生活が半年ほど経過した9月のある日。

ちょうど松山への移動日である月曜日、大阪から飛行機に乗り松山に着いて、昼食をとりました。

その日は喫茶店で『コロッケ定食』を食べました。

食後、オフィスへ移動し、プログラミング作業をし、ビジネスホテルに向かいました。

ホテルに入る前に晩御飯でも食べていこうと思い、少し価格がお高めの洋食屋に入り、ちょっと贅沢に『ハンバーグ定食(ちょっと良いやつ)』を食べて帰ったんです。それが18時頃だったと思います。

f:id:obeedakun:20200905213310p:plain

 

ホテルにチェックインし、部屋でくつろいで、さぁ寝ようと電気を消した途端、ホントに電気を消したタイミングで、激しい頭痛が襲ってきました。

f:id:obeedakun:20200905213201p:plain

よくテレビなんかで『頭をハンマーで殴られたような痛み』という表現がありますが、まさにそれでした。大ハンマーで何度も叩かれている感じ。

あまりの痛みにベッドの上でのたうち回ることしばし。

今度は激しい嘔吐が!!

f:id:obeedakun:20200905213116p:plain

最初は晩御飯が出てきましたが、それも出なくなり、空えづき・胃液のような物しか出てきません。

そして今度は強烈な腹痛です。

f:id:obeedakun:20200905213237p:plain

その頃には頭痛は気にならないくらいの吐き気と腹痛・下痢に悩まされ、一晩をトイレで過ごしました。(当然のことながら、その間は水分は補給する事はできません)

 

翌朝、いつもの集合時間になっても私が現れないことを心配し、部長と課長が再三、部屋に電話をかけてくれていたんですが、私はそれにも気付かず(というか気付いていても電話には出れなかったと思います)トイレで意識朦朧としていました。

 

部長と課長は『これは何か大変なことがあったんじゃないか』という事で、ホテルの責任者を伴い、合鍵で部屋に入ってきてくれて、トイレで意識を失う寸前の私を発見してくれて、ホテルの目の前の総合病院へ連れて行ってくれました。

(おそらく私はかなり乱れた格好をしていただろうし、全身の力が入らないため、おしりに締まりがなく、ニオイがひどかったと思います)

 

病院に行くと、即入院ということになり、どうやらストレッチャーに乗せられて病室に行ったようです。(あまり記憶がなく、後に部長さんから聞きました)

病室で点滴をしてもらい、夕方にはようやく意識がハッキリしてきたので、担当医と話をすると、「あと1時間、来るのが遅かったら危なかった」と言われました。脱水症状がひどかったようです。

f:id:obeedakun:20200905213342p:plain

そんなセリフ、ドラマでしか聞いたことがなかったのに、リアルに言われるとは思いもせず、力ない苦笑いをした記憶があります。

 

入院は3日ほどしたでしょうか。医師からは「詳しく検査をしないとなんの食中毒かは特定できない」と言われていましたが、無理やり退院し、部長と課長に手を借りながら大阪に帰りました。

なぜ無理やり退院したのか、自分でもわかりません。

思いつく理由は、3つ。

1.出張なので革靴しか無く、24時間トイレを行ったり来たりするのに、結構な足音がし、同室の入院されている方に迷惑がかかっているんじゃないか、と思ったこと。

2.やはり体に力が入らず、パンツが汚れてしまい、ニオイがして同室の人に迷惑がかかっているんじゃないかと思ったこと。

3.その当時、付き合っていた彼女に会いたくなったこと。

しじみにんにく卵黄

 

大阪に戻って、かかりつけ医に診てもらったら、やはり入院したほうがいい、ということでしたが、頑なに「入院は嫌や」と拒んでしまいました。(もちろん、なぜ入院を拒んだのかは不明。若さゆえということにしておきます)

 

つい最近まで、『おそらくO157だったんじゃないか』と思っていました。その当時はまだO157は今ほどメジャーではなかったので、そう思い出したのはO157が社会問題になってからですが。

晩に食べた『ハンバーグ定食』が原因だった、と思っていましたが、さきほどO157についてググったら、潜伏期間が3日〜8日とあったので、O157じゃなかったのかもしれません。

その日以前の食事内容までは覚えていないので、これ以上は原因究明ができないのが残念です。

たた、食中毒で間違いないので、十分注意する必要があります。

そんな経験をするまでの食中毒のイメージって、

・(軽い)下痢

・(軽い)嘔吐

のイメージだけでした。

 

こんなひどい食中毒は二度と経験したくありません。

皆さんも十分気をつけてくださいませ。